東京メンタルヘルス・スクエア
東京都豊島区西池袋2-39-8 ローズベイ池袋ビル3階
TEL:03−5928−5027 E-mail:  アクセス
TMSのブログ
吃音をお持ちの方も☆ 無料電話相談「こころのほっとライン」大歓迎!



facebook
facebook

いじめ対策 〜学校メンタルヘルス支援〜

学校メンタルヘルス支援プログラム

子どもたちは出席簿代わりにこころのお天気マークをクリックするだけ。

毎日のこころの変化を見守ることで、子供の悩みや心の痛みを早期に発見し、いじめや仲間はずれから子どもたちを守ります。

学校メンタルヘルス支援プログラム 概要

メンタルヘルス
教育
導入ワークショップ/4回
  1. いじめは許されない
    いじめの定義
    被害者、加害者、傍観者の関係って?
  2. 加害者の背景
    いじめの加害者って?
  3. 大切な自分
    自分と向き合う、傍観者にならない
    ピアサポートとは?
  4. 伝えよう自分の気持ち
    人との境界線を身につける

    アサーションというコミュニケーションスキル
    トレーニングを受けた、いじめ防止指導者がファシリテーターを担当します。
メンタルヘルス
見守り
日々の気分を見守り/報知
  1. タブレットを利用し、登校時と下校時にアイコンをタッチ。出席簿とコンディションを同時記録。
  2. 気分変調のタイミングでサインを発信。サインはメールでスクールカウンセラー(SC)や担任、 スクールソーシャルワーカー(SSW)などに受信設定できます。
  3. コンディションサポートセンターでも見守りを行い、クラス全体のコンディション推移や傾向などをレポート。
メンタルヘルス
相談
早期相談/早期解決
  1. こころのホットライン(電話相談)月〜日12:00〜19:00(休 祝日・年末年始)カードを配布し、本人や傍観者、保護者からの相談に対応し、必要に応じてSCに連絡、連携します。
  2. SCと連携するSSWを派遣可。初期の介入を目指し、いじめ解決に精通したSSWが、被害者相談と、加害者警告を通じて、関係性の修復を行います。継続的な気分の見守りを行い、フォローアップを続けます。
 
 
 

学校メンタルヘルス支援プログラム 教育

感情教育ってそういえばあまりないですよね。
コンディション情報を活用した3ステップ教育
自律化→共生化→信頼化

コンケア導入・相談窓口利用

コンディション打刻開始

コンケア導入教育


インストラクター派遣

こころの教育(いじめ防止教育)


タレット導入

ICT教育

学校メンタルヘルス支援プログラム 見守り

いまの気分を表すお天気を押すだけ

先生も職員室で押しましょう

コンディションログ

日々のコンディションを記録出来ます。

コンディションマップ

学校、学年、クラスの全体傾向やこどもたちのコンディションを日々リアルタイムに把握できます。


ご質問・お問い合わせ

東京メンタルヘルス・スクエア 事務局

    東京メンタルヘルス・スクエア事務局まで
    メールでお問い合わせください。
     hrd@npo-tms.com

皆さんの声を聞かせてください